一砂会へようこそ!


『一砂会』は

 

横浜を中心とした、小品盆栽を愛好する趣味・同好者の集まりです。会は、「日本小品盆栽協会・横浜支部」としても活動しています。


『会の歴史』

  

半世紀以上続いています、この地域では早くから結成された会の一つで、多くの愛好者が入会していたようです。その前身は「茶呑み会」という趣味者の集まりであったとも言われています。いずれにしても横浜は、戦前から、小品盆栽の愛好家が多く、優れた専門業者も多数あり、小品盆栽の発展に指導的な役割を果し、横浜作り、横浜飾りなどといわれる技術や方法が生まれました。会では、こうした作風や気風を残していくためにも、継承する講師から指導を受けています。

 

 


小品盆栽』とは


一般的には20センチ以下の小さな盆栽の総称で使われますが、「鉢植え」や「こけ玉」と違い、盆樹一鉢一鉢の根張り、幹模様、枝配り、鉢等にそれぞれ気を配り、常日頃から、伝統的な技術で、手入れをし、樹格を上げ、盆樹の上に自然を凝縮した風景を表現するものといわれています。